専門コラム 疑い深さは 〇〇を助ける

本郷 彰一
  • カウンセリング えんらいと
  • カウンセラー: 本郷 彰一(ほんごう しょういち)
当カウンセラー開催のセミナーがあります。

「どうしても、人を疑ってしまいます」
「大丈夫と言われても、信用できません」
「何度も確認しても、やっぱり気になります」


こういった、いわゆる「疑ってしまう」お悩みの方にとっては、
ある意味、目からウロコの話かもしれません。

 

自分を苦しめている元凶であるはずの「疑い深さ」が
こころの法則を知ったとたんに、実は自分に必要なものであるということに気づくのですから。

 

・・・って、いきなり言われてもワケわからないですよね。

ちゃんとした理由があるのです。それは・・・

 

 

「どんな感情も、自分自身を守るために存在している」
というこころの法則があることに関係しています。

たとえば、最初にあった

「どうしても、人を疑ってしまいます」

というお悩みについてですが・・・

 

よーくお話をうかがってみると、たいていの場合
過去のどこかで、誰かに裏切られた(傷つけられた)お話がでてきます。

 

そして、その時に心のどこかで

「もう傷つきたくない!だから、自分を守るためには、まずは疑ってかかることが大切なんだ」

と思ったり、固く決心したりした自分がいたことを思い出します。

 

 

そう思うと、人を疑ってしまう自分がダメなんかじゃなくて、むしろ

自分を守るための手段として、それまで役に立ってくれていたという側面が見えてきます。

そう思えることで、はじめて

「今後も人を疑うという選択肢を続けるか」
「それ以外の方法(例:もう一回、人を信じてみようと思ってみる)も選択肢として取り入れるのか」

選ぶことができるようになります。

 

そうです!
「疑い続けても良い」ですし、もう
「疑うことをやめても良い」のです。

 

どちらでも、いいんですね。
(実際のところ・・・相手を信じるかどうかは、ケースバイケースだと思います)

 

あとの二つ

「大丈夫と言われても、信用できません」
「何度も確認しても、やっぱり気になります」

についても同様で

 

過去のどこかで「信用してはいけない」と自分に言い聞かせるきっかけになった出来事があったと思いますし、

同様に「何度も確認しないといけない」と自分に言い聞かせるきっかけになった出来事があったのだと思います。

 

そういった理由をカウンセリングを使って一緒に探し出すことで
あなたにとって、自分の人生には本来もっと多くの自由と選択肢があるのだということを思い出すことができるのです

 

もし万が一失敗したとしても、またいつでも
「疑うことを選択する」ことだってできますしね。

そして、より本来のあなたらしさを取り戻せるようになるといいですね。

 

疑い深さはあなた自身を助けるのです(^^)

当カウンセラー開催のセミナーがあります。

メールマガジン登録

メールマガジン登録

各種ご案内、更新情報をお届けします。ぜひご登録ください。