専門コラム 楽になることよりも重要なこととは!?

佐藤 ちづ子
  • カウンセリングルーム 花・水・木
  • カウンセラー: 佐藤 ちづ子

 

 

 

 

 

 

 

 

あの人がいなければ、私は楽しくなれるのに。。。

この状況が改善されれば、スッキリするのに。。。

 

というように、何かが無くなれば、
楽になれると思いがちです。

 

確かに、あなたの嫌いな人、
苦手な人がいなくなれば

楽しくなることもあるでしょう。

状況が改善されれば、
気持ちが晴れるかもしれません。

 

ただ、一瞬はそうなるかもしれませんが、
残念ながら、また同じような人が出現したり、
同じような状況が起こったりしてしまいます。

 

さて、一体なぜなのでしょう?

 

 

 

 

 

 

 

それは、

あなたにとって
不快な状況なくならないと

 

全てが楽しくないと思ってしまうような、
極端な思考だったり


自分の状態が、
人や状況によってつくられているという思考だったり


が問題なのです。

 

人や状況に影響を受けるのは
自然なことですが、

そこに囚われて、
自ら動こうとしないのが問題なのです。

 

苦しい状況や、不快感を感じる人がいても


楽しい気持ちになろうとしたり

スッキリした気分になろうとしたり

することはできるはずです。

 

そこに向けて行動したからといって
すぐに気分が楽にはならないかもしれません。

 

大事なのは、そうしようとする意識と行動です。

 

気分が変わるとか変わらないとかという
結果は二の次なのです。

 

 

イヤな人や不快な状況がなくなったら
楽しい気持ちになれるのではなく、

自分から楽しい気持ちになりにいこうとするから
嫌な人や不快な状況が小さくなっていくのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

不快なことに囚われている時に
あなたの表情、声のトーン、姿勢、振る舞いと

 

楽しい気持ちになろうとしているときの
あなたの表情、声のトーン、姿勢、振る舞いでは、

 

周りに与える影響はもちろんのこと
何より、あなたが感じている「感覚」が全く違うのです。

 

 

あなたが今、
周りの不快に囚われているのなら、

試しに、楽しい気持ちになろうと意識して
楽しい気分を感じることをやってみてください。

 

 

その時に大事なことは、
楽しくなろうとしている
あなた自身に意識を向けることです。

 

不快な人や状況に囚われている時の自分と
楽しもうとしている時の自分の感覚です。

 

どちらが気持ちいいですか?

 

 

それがわかると、
あなたは常にそちらを選びたくなります。

 

そうすると、
自分から楽しくなろうとすること自体が楽しくなります。

 

やがて、
あなたは不快に囚われている時間より、

楽しい気持ちでいる時間が、
圧倒的に長くなります。

 

こうなってくると自然と結果はついてきますよね。

 

 

結果よりも何よりも、

あなたは、
自分を楽しい気持ちにするための方法を

沢山手に入れたのと同時に、

 

自分から楽しむという感覚も手に入れ、

 

何度も取り組むことで
それを習慣にできるようになるという、

 

あなたにとって、かけがえのない資産を
手に入れることができるのです。

 

 

 

 

 

 

 

人や状況のせいにして
不快な気持ちで時間を過ごしたり


結果が約束されないのなら何もしない

という悶々とした時間を過ごしたりするのなら、


ぜひ、楽しむための意識と行動に
取り組んでみてはいかがでしょうか?


 

 

 

 

 

つい人のせいにしてしまう。。。
いつも同じようなことで悩んでいる。。。
不快な状況が耐えられない。。。

そんなあなたは今すぐ下記バナーをクリック↓
毎月限定5名様 お試しカウンセリング受付中(特別価格+特典付き)

 

 

メールマガジン登録

メールマガジン登録

各種ご案内、更新情報をお届けします。ぜひご登録ください。