専門コラム 仕事をAIに乗っ取られるかも知れない。

  • まごころカウンセリング
  • カウンセラー: 瀧川慧子(たきがわ けいこ)

何年か先今の仕事を

Iロボットに乗っ取られるかも知れない。

あなただったらどうしますか?

 

 

恐怖ですね。

10年後なくなる職業が、沢山あるらしい

理由はIロボットの方が正確に

出来るかららしいです。

なんか悔しい。

2045年にその臨界点が来るんだって・・・

シンギュラリティーと言うらしいです。

技術的特異点だという意味だそうです。

難しい名前ですね。

そんなときは来ないという

意見もあるみたいですが

 

 

生き残る職業は

医療や教育などのように

人に関わる仕事だそうです。

 

 

2045年と言えば後

26年後・・・

26年したら人間のする仕事のうち

プログラムできる物は

AIがやっている。

と言うことになっています。

なんだか嘘みたい、ですが

 

 

だったら、人間はどうしたらいいの?

お金を国からもらって遊んで暮らす?

ルーティンはAIに任せて

人はやりたいことを

やりたいときにやる?

それいいかも

 

 

遊んで暮らすときは

Iロボットを駆使して遊ばないとダメなのかな?

ゲームとかのように、

 

 

どうしても仕事をしないと

気が済まない人は

困りますね。

 

 

私は、26年後は年金生活

まっただ中なので

年金を駆使しながら

好き~なことして

暮らそうと思っています。

 

 

例えば、Iロボットが作って

運ばれてきた。

夕食のお弁当を食べながら

自動運転の車でドライブに行き。

Iロボットにトイレに連れて行ってもらい

散歩に連れて行ってもらう。

そして、いつまでもここに住むのだ。

全くストレスのない生活です。

なんとなく面白くないですね。

 

 

なんだか悔しいというのは

私が現状維持を望んでいるからでしょうか?

なんだかついて行けてませんね私。

世の中の流れに・・・

 

 

人間生きていたら

いろんなことがあります。

そして、真剣に生きていても

結局人は、真剣に遊んでいるに

過ぎないのでは?

と思うようになって来た

今日この頃

 

同じ、遊ぶように生きていくなら

ルーティンはAIにまかせて

人はやりたいことを

やっていくのもいいですよね。

 

 

                                                                                    

 

 

 

 

 

 

 

 

メールマガジン登録

メールマガジン登録

各種ご案内、更新情報をお届けします。ぜひご登録ください。