専門コラム マイナス思考をプラスに変えるスモールステップ

Kawahara
  • 心のお天気快善カウンセリング
  • カウンセラー: Kawahara(カワハラ シュウジ)

>どうしても悪い方へ悪い方へ考えて
>しまいます。
>どうしたらいいでしょうか?

 

そういった相談を受けることがあります

 

どんな状況か、伺いながらお話を聴いていると

かなりの確率で帰ってくる言葉があります

 

////////////

(私)
大変な状況の中、凄く頑張ってらっしゃるんですね

 

(相談者)
「でも」結果が出せない私はダメだと思うんです

「だけど」仕事が遅くていつも時間内に終わらず・・・

 

(私)
結果が出ない中、頑張って前に進むことは
簡単なことではないと思います

 

仕事が遅く時間内には出来てないかも
しれませんが、十分な時間があれば
結果が出せるんじゃないでしょうか?

 

(相談者)
「それでも」・・・

ダメなんです・・・

 

(私)

(^^;

 

////////////

 

★「でも」「だけど」「それでも」・・・

 

そんな接続詞を使って

頑張っている自分、
出来ている自分を
なかなか認められない

 

まるで「ダメ」という言葉に
吸い寄せられるかのように
話が「ダメ」で完結していきます

 

うつ等のメンタル不調を抱えている方に

よくある傾向です

 

そんな、悪い方へ考えてしまうことを
改善するためにどうしていけばいいのでしょうか?

 

まずは「気づく」ということ

 

そして、上記のやりとりの

逆のことをやってみませんか?と提案しています

 

結果が出せない状況だ

「でも」日々 結果を出すために前進している

「だけど」時間をかければ結果が出せるかもしれない

結果は出ていない「それでも」努力を続けている

 

そして

⇒ やり方が間違っているかもしれない
⇒ 出来てる人に聞いてみよう・・ etc
⇒ (いつの日か、結果が出せる自分へ・・・)

 

ダメの反対、可能性のある方向に
言葉を使って視点を切り替えていきます

 

可能性を拡げるために言葉を
ほんの少しチューニングするだけなのですが

 

ダメにとらわれてしまっていると
なかなか切り替えられなかったりします

 

これを「認知のゆがみ」と言います
私自身も同じ事を繰り返していました

 

自分がやっている時はなかなか

気づかないんですよね・・・

 

しかし、気づいたらチャンス ♪♪

 

言葉の使い方で認知のゆがみは

改善されていきます

 

ほんの少しの差でしかないのですが、
この微差が、つもり積もって
大きな差になっていきます

 

自分一人ではでなかなか気づけない

心のクセに気づいていただく

カウンセリングも行っております!

 

お役に立てば幸いです

 

以下から ご質問・ご感想 お待ちしています

LINEお友だち登録していただくと、メンタル不調を改善するための

5step 動画講座も視聴できます♪

メールマガジン登録

メールマガジン登録

各種ご案内、更新情報をお届けします。ぜひご登録ください。